フットサルを蹴る、見る、着るそして上手くなる。唯一のフットサル専門誌

久光重貴が今シーズン初出場!レポート&試合コメント

   

 18日に行われたゼビオFリーグ第24節で、湘南ベルマーレの久光重貴が今シーズン初出場を果たした。
肺がんを患った久光は、現在も抗がん剤治療を続けている。
壮絶な治療と過酷なトレーニングに打ち勝ち、昨年12月12日の神戸戦(2-2)以来、ピッチに戻って来た。
(文&写真:河合拓)

カバー色校もどし

 

IMG_5091 (1280x960)

ピッチに入場する久光

IMG_5383 (1280x960)

試合前の円陣

IMG_6146 (1280x960)

試合出場の直前

 

 前半、劣勢を強いられる中でも久光は前へボールを通し、そのプレーと気迫でチームを勢いづけた。

後半に入ると出場時間を伸ばし、2本のシュートを放つなど、存在感を示した。チームはブザービーターで2-3と敗れたが、試合後に横澤直樹監督は「彼のフットサルに対する想いを信じて、今回、出場させました。点は取れなかったものの効果的なプレーが目立ち、かつサポーターの気持ちを体で表現してくれました。プレーでも、気持ちの面でも素晴らしい選手だと思いました」と、プレーとチームへの影響力を高く評価した。

 Fリーグの舞台に戻ってきた久光は、10カ月ぶりの試合出場を「楽しかった」と振り返りつつも、チームを勝利に導けなかったことで反省の言葉を繰り返した。

IMG_8268 (1280x960)

積極的に攻めてシュートチャンスも迎える

IMG_8337 (1280x961)

効果的な守備も見せた

 

 

試合後の久光重貴選手のコメント

――試合の感想は?

「決めるチャンスがあったのに、本当に申し訳ないです」

――前半に出場したときから、積極的に縦パスを入れていたが?

「そうですね。でも、まだまだですね。僕が今日ゴールを決めてさえいれば、会場が笑顔で満開になっているところだったのに…。
自分ひとりの力不足のために、みんなを暗い表情で帰らせてしまうことになってしまいました」

――入場の際は、歩行が困難だったけど、久光選手との入場することを目指して懸命に自分の足で歩けるようになった子供と入場した。

「うれしかったですね。整列してから、あの子を支えているときに、あの子の心臓がすごく早くて。
緊張もしていたと思うけど、あの心臓の音を聞いて、テンションを上げないといけないなと思ったし、最後まであきらめちゃいけないなと気持ちを奮い立たせてもらいました」

――2度のシュートチャンスがありましたが?

「あの左足で打ったやつは、今思うともう一つ持ち直せたかなと思います。あと、小野くんから良いボールが来て、タイミングを外して打ったやつもあったんですけど、あのボールを決めるのが大事なんだなと。
まだまだ練習しないといけませんね。これだけホームで、この空気をつくってもらって、あとは自分が点を取ればすべて空気が変わることも分かっていた。それができなかったことが、すごく悔しい。
今までの自分にとっても、今後の自分にとっても、今日は点を取らないといけなかった。それくらい時間もないし、試合できる回数も少ないと思う。
今日のこの試合がどれだけ大事だったか。そのことは毎試合、感じないといけないことだと思うし、それを持ち続ければ、うちの選手も、もっともっと良くなっていくと思う。
もうこの試合は戻ってこないし、あのシュートの場面も打ってしまったら戻ってこない。後悔しても何も変わらないけど、悔しい気持ちは強いです」

――久光選手個人でいえば、昨シーズンの試合に比べて格段に動けていたと思うが?

「そうですね。昨季は毎日、抗がん剤の飲み薬を飲んでいた分、体はしんどかった。今は1カ月に一度の治療になって、間違いなく動きやすくなっています。
たとえ、がんになってもこうしてプレーができるし、好きなことができるんです。他のがん患者さんたちも含めて、絶対に下を向く必要はないし、自分の気持ち次第でやりたいことはできます。そのことをみんなに発信してほしいし、僕はそれを証明するために、ゴールを決めないといけない。
そのプレッシャーを、ずっと持ち続けなければいけないし、まだまだここからも僕にはやらないといけないことはたくさんあります」

――今後、連戦になるが感触としては?

「選手を選ぶのは監督なのでね。コンディションを常に維持し続けることが、僕ら選手の仕事なので。できる限りのことをやって、監督から必要としてもらえるなら、ピッチに立つことをやり続けたいなと思います。
やっぱりチームスポーツだから、監督がいる中で、監督に選ばれる信頼を得られるまで時間がかかるし、信頼を失えばそれを取り戻すのは難しい。
人が人を選ぶスポーツの中で、自分が選ばれるために必死にやらないといけない。欠点を見直して、そこを修正して、信頼してもらって試合に出る。ピッチに立つというところまで、しっかり段階を踏んでやっていきます」

――久しぶりの試合というのはどうでしたか?

「楽しかったです。良い緊張感があったし、このホームで、この空気をつくってもらって、楽しめたし、ゴールを決められなくてごめんなさいと」

――残り2秒でピッチに入り、その直後のCKから失点した。ニアで合わせる以外に失点があり得ない場面だったが?

「見えないところからボールが来て…。あの瞬間に時間が止まりました。ポストに当たって、ゴールに入ったんですよね。ボールが中に入ってきた瞬間に、もう室田(祐)の足に当たっていて…。残り1秒で失点して…。
でも、これが人生。残り1秒で勝つ試合もあれば、負ける試合もある。常に1秒、1秒、時間が進んでいる中で、常に巻き戻しはきかない。それを今日、試合でまたあらためて教えられました。
常に1秒先には進めるけど、1秒前には戻れない。それを強く感じる試合でした」

――今後の試合に向けては?

「体と相談しながら、メンバーに入れるように準備をしたいと思います。
今日の試合、絶対にゴールを決めてミックスゾーンで記者のみなさんを泣かせてやりたいなと思っていたのに、悔しいなぁ!
必ずゴールを決めますから、また来てください」

 

IMG_9086 (1280x959)

残り2秒で失点し試合に敗れる

IMG_9435 (1280x960)

試合後の会場への挨拶

 - Fリーグニュース, 試合レポート

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

府中・渡邉が中国リーグへ移籍!

府中のホームページにて、渡邉知晃が中国リーグへ移籍することが発表された。 &nb …

浦安、名古屋が連勝スタート!【ゼビオFリーグ 2015/2016 2節結果】

5月9、10日に開催されたゼビオFリーグ 2015/2016の第2節。 開幕から …

no image
内村俊太、復帰か!? 湘南が発表

湘南ベルマーレより、内村俊太が2016/17シーズンに選手登録可能となったことが …

Fリーグポスター抗争、勃発!?

先日、バルドラール浦安がFリーグ後半戦に向けて作成した、チームポスターが話題を呼 …

エジプトがイタリアに勝利!! タイは壮絶な打ち合いで敗れる【ワールドカップ・決勝トーナメント1回戦】

ワールドカップ決勝トーナメント1回戦3試合が行われ、ベスト8が出揃った。前日のブ …

大阪が接戦を制す!ゼビオFリーグ第14節結果

7月25日(土)~26日(日)に行われた、SuperSports XEBIO F …

Fリーグプレーオフ2ndラウンド写真レポート

2月21日(土)にFリーグ2015/2015プレーオフ2ndラウンドが行われた。 …

no image
週末に2つのフレンドリーマッチが開催!

今週末の5月21日(土)、関東にてFリーグチームの2つのフレンドリーマッチが行わ …

no image
浦安が外国人選手2名の加入を発表!

バルドラール浦安が外国人選手2名の新入団を発表した。 一人目は赤道ギニア代表とし …

スペイン、アルゼンチンが連勝を達成【ワールドカップ グループリーグ】

ワールドカップは大会6日目。強豪国のスペインとアルゼンチンが連勝を達成した。2ヵ …