フットサルを蹴る、見る、着るそして上手くなる。唯一のフットサル専門誌

【最新号 見所紹介Part.3】新連載!!「スガ塾」

      2015/08/15

絶賛発売中のフットサルナビ2015.9月号の見所を紹介します!

表紙1509B_shusei

 

まだお持ちでない方はコチラから購入できます!

 

今号から新たにはじまったフウガドールすみだの須賀監督の

新連載『スガ塾』

suga-1

地域リーグ時代にFリーグクラブを打ち破って日本一に輝いた奇跡のチームを作った須賀監督が、「強いチームの作り方」をレクチャーする内容です。

第1回目は『ディフェンスを学ぼう』ということで本連載の担当ライター・キタケンこと北健一郎氏との対談形式でわかりやすくチームのディフェンス構築について話してもらいました。

今回は特別に少しだけ連載の内容をこちらでも紹介します。

※一部原稿に誤りがあったため、そちらのお詫びと訂正もさせていただきます。本誌P52の本文1段目後ろから3・4行目に本来カットするはずの一文(キタ ゾーンが前の選手からマークを決めるというのも意外でした。)が残っておりました。読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

 

スガ塾 第1回:ディフェンスを学ぼう

文&構成:北健一郎 写真:高橋学

 

仲間集めで勝敗は決している!

キタ 須賀監督、ついに新連載がスタートしましたね。「Dr・須賀雄大のフットサルラボ」から実に1年ぶりですよ。

スガ 1年ですか〜。長かったですね。待ちくたびれましたよ(笑)。今回はどんなことをやりましょうか?

キタ 初心に返るようなイメージで、フットサルの基本を教えてほしいなと。これからフットサルをやる人や、これからチームを作ろうと思っている人に向けて、須賀監督からアドバイスをもらえたらなと思っています。

スガ なるほど。わかりました。

キタ いきなりですけど、須賀監督がフットサルをするうえで大事にしていることってなんですか?

スガ ツイッターで(@sugatakehiro)、時々質問されるのが、「人が集まらないんですけど、どうしたらいいですか」というものなんです。「人を集める」って技術とか戦術の前の話ですけど、そこでつまづいている人やチームは結構多いんだなと。

キタ 確かに、僕もチームに所属してますけど、幹事役の人はいつも大変そうです……。

スガ 試合の日は集まるけど、練習の日は来ないとかっていう状況が起きてしまう。それをやっていたら強くならないし、週末に楽しむ域は出ないのかなと。そこで僕が答えるのは、フットサルっていろいろな楽しみ方があるので、同じ志を持った仲間を集めてスタートすることが一番重要なんじゃないかと。

キタ 仲間集めの時点で勝敗は決しているということですか?

スガ そうです。目標を設定してチームを作らないと、長続きしないですからね。「フットサルやろうぜ!」「ユニフォーム揃えようぜ!」と言ってやっても、何を目標にするのかが決まっていなければ、ユニフォーム代がかかるだけですからね。

キタ それ、すごいわかります(笑)。

スガ 目標設定としては公式戦に出るのか、それともワンデー大会に出るのか。例えば、東京都だったらオープン、3部、2部、1部と公式リーグがあるので、チームとして上がっていくことを目指すのもいいと思います。ワンデー大会でもホンダカップとかは東京予選、関東予選、全国大会があるので、そこで勝てるチームを作ろうとか。

キタ 人を集めるうえで、技術はどれぐらい重視するべきですか? 例えば、あんまり練習には来れないけど、名門高校の出身だったり、ユース出身だったりする選手がいたら……。

スガ フットサルのベースにあるのはチームプレーをできるかどうか。技術があっても、ディフェンスを全くしない選手がいたら、チーム力としては下がってしまいます。タラタラとやってる選手はチームの士気にも影響するので、入れないほうがいいと思いますよ。

キタ どんな志を立てればよいんでしょうか。

スガ オススメはリーグ戦に参加することですね。リーグ戦に参加していると、チームとして上積みがしやすいんです。負けたとしても、次の試合に向けて修正しようとしますし、ボロ負けしていても得失点差があるから最後まで目標を失わずにできる。リーグ戦に参加することで、フットサルで強くなっていく喜びを味わえると思います。

 

ディフェンスのやり方を決める

キタ チームを作りました。人も集めました。さて、まずは何から手をつければいいんでしょうか?

スガ 僕の場合、新しいチームを作るときに、まず決めるのは「守り方」ですね。

キタ 攻め方よりも「守り方」なんですね。

スガ はい。フットサルは失点しちゃいけないスポーツなんです。攻撃の機会に対する得点率からも明らかですけど、1点の価値が重たい。バスケットボールのように、シュートが基本的に決まるスポーツではありません。そう考えると、勝つためには、決めさせないことができないといけない。

キタ 「決める」よりも「決めさせない」ほうが大事だと。

スガ そうです。攻撃は個人の能力でできる部分もありますけど、守備はチームとしてどうするか決めておかないといけません。

キタ ディフェンスのやり方について教えて下さい。

スガ 大きく分けて、マンツーマンとゾーンの2つの守り方があります。

キタ マンツーマンとゾーン、それぞれの守り方の違いは?

zu1

スガ まずマンツーマンは「Man To Man」という言葉からもわかるように、人が人につくという守り方ですね(図1)。ボールがどこにあっても、基本的にはその人についていく。メリットはマークのズレが起こりづらいこと。いってみれば、ピッチ上で1対1が4つできるようなものです。デメリットは、ミスマッチになってしまうこと。相手の攻撃力が高い選手と、味方の守備力が低い選手がマッチアップすると、そこからやられてしまうこともあります。

キタ マンツーマンにする場合、試合に出る前からマークにつく選手を決めておくんですか?

スガ もしも、相手にすごくうまい選手がいて、最初からわかっているのであれば、自分たちのチームの中で一番ディフェンスに自信がある選手をマークにつけてもよいと思います。

キタ マンツーマンをするときの注意点はありますか?

スガ コートが広いとマンツーマンは厳しくなります。一人ひとりの守備範囲が広くなるので、運動量が多くなります。もしも相手のほうが技術的に上回っていたら、広いスペースで1対1を仕掛けられることになるので、得策とはいえませんね。

キタ もう一つの守り方、ゾーンはどんな守り方でしょうか。zu2

スガ ゾーンというのは、それぞれの選手の守る範囲(ゾーン)を決めて、そこに入って来た選手をマークするという守り方ですね(図2)。ゾーンで頻繁に発生するのが「マークの受け渡し」です。

 

 例えば、自分がマークしていた選手が、ダーッとスペースに走っていったとき。マンツーマンだったらそのままついていきますが、ゾーンでは後ろにいる選手にマークを受け渡します。メリットはマンツーマンに比べて運動量を抑えられる点です。マークをうまく受け渡せれば、あまり動き回らなくても守ることができます。デメリットはマークのズレが起こりやすいこと。よくあるのが、前の選手が、後ろの状況を見ないで受け渡して、フリーにしてしまうことですね。

キタ 人任せになっちゃうということですね。それを防ぐためには、どんなことが大事になってきますか?

スガ ゾーンの場合はポジションのとりかたがマンツーマンと変わってきます。マンツーマンは人を基準にしますが、ゾーンではボールが基準になるんです。

キタ どういうことでしょうか?zu3

スガ ゾーンだからといって、自分のエリアの中にただ立っていればいいわけではなくて、ボールの位置に合わせてポジションを細かく修正しなければいけません。例えば、こちらから見て左サイドで相手がボールを持っていて、そこに味方が寄せているとします。他の3人はボールの位置に合わせて、ポジションをとります。4人を結んだ線がダイヤモンドの形になっていると、バランス良く守れます(図3)。

キタ 須賀監督としてはマンツーマンとゾーンはどちらがオススメですか?

スガ どちらにもメリット・デメリットがあるのですが、それほど頻繁に練習できないのであれば、マンツーマンのほうがいいですね。なぜかというと、ゾーンって難しいんです。ちょっとしたマークの受け渡しミスや、ポジショニングのミスによって失点につながってしまいます。マンツーマンはすごくシンプルなので。フィジカルに自信があるチームだったら、マンツーマンにしたほうが、その優位性を発揮できると思います。だけど、例えばフィジカルが弱いとか、あまり走れないとか、そういうチームにはゾーンをオススメします。ゾーンのほうがマンツーマンよりも、個人の能力差をごまかせるんです。

 

というわけで、公開はここまで!

もっともっとDFのことが知りたい方はナビ9月号でご確認ください。

まだお持ちでない方はコチラから購入できます!

 

 

 - インタビュー/コラム, お知らせ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

フットサルナビ11月号DVDチラ見せ企画 Part.3 新連載「攻撃者の流儀」

フットサルナビ2015年11月号、絶賛発売中です! 表紙を飾るのは府中アスレティ …

【プレイバック・フットサルナビ】ゴール前のシカク&大洋薬品/BANFFブラジル遠征

フットサルナビ7月号絶賛発売中です! フットサルナビ最新号の購入はコチラ   大 …

フットサルナビ11月号
HP開設のご挨拶

ボールを蹴って楽しむ人。 試合を見て楽しむ人。 フットサルファッションに身を包ん …

岡部将和vs.フットサルナビ編集部まるを ドリブル対決!

フットサルナビ2015年3月号の取材で、元Fリーガーの岡部将和さんにドリブルを披 …

フットサルナビ、本日発売!

最新号のフットサルナビ2016年9月号が本日発売になりました! というわけで、昨 …

エアサッカーで復興支援!『TOHOKU UNITED PROJECT』

マンチェスター・ユナイテッドとカゴメ株式会社のコラボーレション企画として、被災地 …

フットサルナビ 3月号
府中AFCが退団選手を発表!

府中AFC公式HPに、ロドリゴ、田中惇史、田村研人の退団が発表となった。 スーパ …

フットサルナビ最新号は2月15日発売! 表紙は町田の甲斐修侍選手 !!

2月15日(水)に、フットサルナビ最新号となる3月号が発売になります! 表紙はペ …

ゴレイロだらけのクリスマスパーティーが12月21日に開催!?

  フットサル情報のポータルサイト『FutsalEDGE』が開催するイ …

<Fリーグ×j-futsal>Fリーガーによるフットサルクリニックが全国各地で開催!

Fリーグ所属12クラブがJFAエンジョイフットサル総合サイト「j-futsal」 …