フットサルを蹴る、見る、着るそして上手くなる。唯一のフットサル専門誌

【ゼビオFリーグ18・19節】浦安が2連勝! プーオフ争い激化!

   

 

9月12〜13日にかけて、各地でゼビオFリーグ第18・19節が行われた。

第18・19節は東京、名古屋、大阪で各チームが2連戦を戦うミニセントラル。短期間の2連戦でチームごとに大きく明暗が分かれた。

スクリーンショット 2015-09-14 13.31.48

 

 

第18・19節で一気に順位をアップさせたのは、2連勝の浦安。

エースの星が約3ヶ月ぶりに復帰したチームは勢いをつかみ、大分、北海道のプレーオフを争うライバルとの連戦に2連勝。順位も8位から4位へと上昇しプレーオフ圏内に再び食い込んだ。この勢いを持続できるか。

 

浦安と同じくプレーオフ圏内へと返り咲いたのは、オーシャンカップ王者の府中。連戦を1勝1分で終え、勝点32の5位に。7位までは同勝点の32と接戦は続くが、オーシャンカップ以降の勢いは衰えない。

 

一方、苦しんだのは大分。エース仁部屋を欠いた府中戦で元気なく破れると、翌日の浦安戦でも敗れて2連敗。順位も8位までダウンして、プレーオフ圏外へと沈んだ。ここからの巻き返しに期待したい。

北海道は1分1敗で勝点を1しか伸ばせず、3位から7位へダウン。僅差ではあるがプレーオフ圏外へと順位を下げた。

 

岸和田のミニセントラルで順位を上げたのは、すみだ。初戦で神戸に勝利すると、二戦目の大阪戦ではチームのキーマンである諸江の一発退場がありながらも、接戦を制してアウェイで2連勝。順位も5位から3位へとアップし、プレーオフ争いでやや優位な状況に立った。

一方の大阪は、1勝1敗で6位を維持。小曽戸や宮竹が復帰しチームの戦力は徐々に整いつつあるが、まだまだ我慢の戦いが続く。

 

プレーオフ争いを一歩抜け出した町田は、初戦で浜松に大勝した勢いで王者・名古屋と対戦。しかし前半からリードを許すと、本田真琉虎洲の退場もあって敗戦。2位は確保しているが名古屋との差はますます開いた。

 

8位以下の4チームは上位のチームには勝てず、プレーオフ争いに食い込むことはできなかった。9位の湘南でも8位の大分との勝点差は14。この差は大きい。

 

首位の名古屋は、湘南と町田を一蹴。2位との勝点差を13にまで広げた。この差をひっくり返すことは奇跡でも起こらない限り不可能だろう。

その一方で、プレーオフ争いはますます激化している。2位の町田は3位に勝点6差をつけているが、3位から8位までは勝点差5で6チームがひしめき合っている。わずか一節で順位が目まぐるしく入れ替わる今季のFリーグ。まだまだ目の離せない戦いが続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - Fリーグニュース

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

名古屋に新外国人選手が加入!サカイの弟

名古屋オーシャンズが新外国人選手の加入を発表した。 なんと、酒井ラファエルの実弟 …

永井義文が現役引退を発表!

シュライカー大阪から、永井義文の現役引退が発表になった。   &nbs …

すみだの連勝がついに途切れる!【ゼビオFリーグ第7節】

7月29〜31日にかけて『SuperSports XEBIO Fリーグ2016/ …

プレーオフ会場も発表!町田セントラル記者会見

10月14日(水)町田市庁舎において記者会見が行われ、Fリーグ2015/2016 …

今週金曜からゼビオFリーグ2016/2017がプレーオフラウンドへ!

先週末のゼビオFリーグ第33節を終了し、2月24日(金)からは、上位5チームによ …

フットサルナビ2017.1月号、本日発売 !!!

  フットサルナビ2017年1月号、明日発売です!! お求めはコチラか …

澤穂希がFリーグ参戦か!?

本日、スポーツ新聞に「澤フットサル参戦」の文字が躍った。 記事の一部を「東スポW …

大阪が逆転勝利で首位堅守。PO圏内チームも揃って勝利。【SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第25節】

フットサルナビ2017年1月号、絶賛発売中!! お求めはコチラから! &nbsp …

no image
名古屋がシノエの退団を発表!

名古屋オーシャンズのオフィシャルサイトに、シノエの退団が発表された。 シノエは昨 …

セントラルの試合日程が発表に【Fリーグ2016/2017】

Fリーグより、2016/2017シーズンのセントラル開催の試合日程が発表になった …