フットサルを蹴る、見る、着るそして上手くなる。唯一のフットサル専門誌

VAMOS! HISA第4回 小野大輔「フットサルに対するストイックさは1、2を争う存在」

   

7月1日に自伝「笑顔のパス」を発表した湘南ベルマーレの久光重貴。

自身が患った肺がんと向き合いながら、現役選手としてプレーを続ける元フットサル日本代表は、自伝の中で「多くの人に支えられてきた」と綴っている。

同時に、久光は多くの人たちの支えにもなって来た。この連載では久光と関わりを持った人たちから、久光にメッセージを送ってもらう。

第4回は、現在も湘南ベルマーレでともにプレーするチームメイトの小野大輔からのメッセージ。

 IMG_7842
ヒサと初めて会ったのは、僕がまだフトゥーロにいた頃ですね。何年前とか細かくは覚えていないけど、ヒサがカスカヴェウにいたときに対戦した記憶が残っています。当時は全然知らなかったけれど、試合ではマッチアップすることもあったし、なにせヒサはいかつかったので(笑)。強烈に『いかついヤツが来たなぁ』と感じたのは覚えていますね(笑)。それからずっと挨拶くらいはしていたけど、ほとんど話すこともありませんでした。

 

 その後、僕が府中に在籍していたとき、小田原で湘南と対戦することがありました。そのとき、ヒサは骨髄炎の治療中で、「大丈夫?」と声を掛けたら、「いや、ちょっと…。頑張ります」って、ものすごく物腰が柔らかかったので『こんなに物腰が柔らかかったんだ!』と驚かされました。さらに、その後、湘南でチームメイトになってからは、めちゃめちゃ優しくて、あのギャップは半端ないですね。ヒサとの出会いは、こんな感じですね。

 

 僕はどちらかというと私生活のヒサよりも、選手としてのヒサの印象が強くあります。実際にチームメイトになってからも、フットサルに賭けるストイックさは、今まで会ってきた人の中で1番、2番くらいかなと思うくらい。でも、ヒサはそれをあんまり外に出さない。表情や言葉にも出さないし、誰かのせいにして「おい!」とか言うわけでもない。僕なんかはバンバン言いますからね。「おい、ヒサ! パス出せよ!」「動き見ろよ!」とか。それに対してもヒサは、すごく冷静に「ごめん、小野くん次は見るよ」とか、そうやって冷静に返してくるんです。普通、「なんだよ!」って言い合いになってもおかしくないけど、ヒサはいつもそんな感じ。ただ、納得ができないこと、違うなと感じたことに関しては、「いや、小野くんもっとこっち(のパスコースを)切って」とか、「今のこうして」とか、すごく対等にやってくれる選手だったので、やりやすかったですね。周囲のアドバイスにも耳をしっかりと傾けますし、探究心はすごく強いなと思います。

 

 他人に対してはそうやって優しい反面、自分には本当に厳しいのがヒサだと思います。試合中にヒサ自身がミスをしたときは、とにかく厳しくて。孫悟空が三蔵法師に付けられた金の輪が、ヒサの頭にも付いているんじゃないかっていうくらい、眉間にグイグイとシワを寄せながら考え込んでいますからね。

 

 ヒサの病気については、練習に来なくなって、なんとなくは耳に入っていました。ちゃんと聞いたのは、チームメイト全員の前でヒサに話を聞いたときでしたね。そのときは、何も考えられなくなりましたね。ブラックホールにバーンって吸い込まれたような。もう、完全に『無』になっていました。

 

 それから、いろいろなことを考えましたけど、個人的には「ヒサのためにも、死ぬ気で頑張ります!」なんて言葉は、簡単に、軽々しくは言えないなと思うんです。いま、フットサルをやれるという環境があることを感謝して、再確認しながら、自分のために一生懸命に頑張った結果、ヒサもヒサ自身のために頑張る。結局、そういう関係でしかいられない。だから、軽々しく「ヒサのために頑張るよ」とか、「頑張れ」と僕は言えません。もちろんヒサの一つひとつの行動からは刺激を受けるというか、パワーをもらわざるを得ない。けれども、だからといって「ヒサも頑張っているから、オレも頑張ろう」というのとは、ちょっと違う感じなんです。病気になっても、病気になる前も、僕にとってヒサはチームメイトであることに変わりがないんです。

 

 ヒサは自伝で、「チームメイトで一番メールを送ってくれる」と書いてくれていたけど、それも特に意識しているわけではないし、ましてや気を使っているわけでもない。単純に、ヒサが練習に来ることができないから、今日はこんなことがあったよと送っているくらい。そんなに特別なことは送ってないし、「今日、メシ行ける?」って聞いて一緒に行けたら行く。そんな感じですよ。

 

 ヒサのペースで、やるべきことをやって、それでまた一緒にケンカしながら、言い合いしながら、何かに気を使うことなくボールを蹴ろう! そうやってお互いにぶつけ合えるのが理想だと思うし、ヒサはそこにいるべき存在。だから、病気になったからといって僕が「大丈夫か、ヒサ?」「どうだ?」と気を遣う必要はないのかなと。まだ現役の選手だからね。引退したら、考え方が変わるかもしれないけど、今はチームメイトだからね。僕は僕で、普通にボールを蹴っているから。また一緒にボール蹴って一喜一憂しようぜ!

 - インタビュー/コラム

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【最新号のナビ立ち読み企画 第一弾】中村友亮インタビュー「背の小ささは逆に武器になる」

最新号のフットサルナビから、記事をお見せする“立ち読み”企画がスタート。第一弾は …

VAMOS! HISA 第1回 甲斐修侍「ヒサは人のためとなると、ものすごく気を使う」

  7月1日に自伝「笑顔のパス」を発売した湘南ベルマーレの久光重貴。自 …

府中・渡邉が中国リーグへ移籍!

府中のホームページにて、渡邉知晃が中国リーグへ移籍することが発表された。 &nb …

ナビ最新号チラ見せ企画!『penetrar×GALLERY・2 特別対談』

フットサルナビ最新号からピックアップした記事をチラ見せする本コーナー! 今回はフ …

フットサルナビ最新号をちょっと立ち読み!vol.2

4月15日に発売されたフットサルナビ2015年5月号。みなさん、もう入手されまし …

元日本代表キャプテン 北原亘が見た新生日本代表!

日本代表は25日から27日まで、オーシャンアリーナでトレーニングキャンプを行った …

【最新号のナビ立ち読み企画 第二弾】松宮充義インタビュー「選手自身が自ら動き外の世界を知る必要性」

最新号のフットサルナビから、記事をお見せする“立ち読み”企画がスタート。第二弾は …

甲斐さんへの手紙

2月15日(水)に、フットサルナビ最新号となる3月号が発売になります! 表紙はペ …

【U-20アジア選手権】第3回 ライター河合拓の〝ユース戦記〟

現在、タイのバンコクで行われている『AFC U-20フットサル選手権』 ユース年 …

吉村謙一のFKリーグレポート No.4

日本人初の韓国フットサルリーグ(FKリーグ)プレーヤー、吉村謙一。元Jリーガー、 …