フットサルを蹴る、見る、着るそして上手くなる。唯一のフットサル専門誌

日本代表がコロンビア代表に連勝!

   

1月27、30日に代々木第一体育館、大阪中央体育館で開催されたフットサル日本代表 vs フットサルコロンビア代表の国際親善試合、2試合。

2012年のタイ W杯で4位に入った強豪国コロンビア代表を迎え、2月9日から開催されるAFCフットサル選手権にむけた壮行試合的な2試合を見事に連勝で終えた日本代表。

 

AR2X0338

日本代表 3(1-1/2-1)2 コロンビア代表

@代々木第一体育館 観客数:3323人

得点:1分ホナタン・トロ(コ)0-1、13分渡邊知晃(日)1-1、24分森岡薫(日)2-1、32分森岡薫(日)3-1、38分ハメス・カスティジョ(コ)

 

第1戦目の代々木ではミゲル監督就任以来、初勝利となった。

立ち上がりの悪さからカウンターで開始早々に失点した日本代表。前半終了間際に仁部屋のシュートパスを渡邊が合わせ同点で前半を折り返すと、後半は森岡の「あれが止められたらもう点の取りようがない」(ミゲル監督)という強烈な反転シュート2発で3-1と突き放す。終盤相手パワープレー時に前から取りに行ったところを交わされて、失点したものの、受けた状態では相手のパワープレーをシャットアウトし、3-2で勝利を挙げた。

第1戦、2得点を挙げたエース・森岡。

第1戦、2得点を挙げたエース・森岡。

 

 

 

日本代表 4(2-1/2-1)2 コロンビア代表

@大阪中央体育館 観客数:3066人

得点:5分酒井ラファエル良男(日)1-0、6分吉川智貴(日)2-0、10分Y・ディアス(コ)2-1、30分逸見勝利ラファエル(日)3-1、32分W・ラミレス(コ)3-2、39分逸見勝利ラファエル(日)4-2

迎えた、今日の2戦目は1試合目の反省を生かし、立ち上がりから良いリズムでゲームに入る。すると5分、相手を押し込んだ状況で、コートを広くつかったボール回しで最後は仁部屋の右コーナー付近からの折り返しをゴール前に走りこんできた酒井がヒールで合わせ先制点を奪う。そこから1分も経たないうちに、第2PKスポット付近で森岡のドリブルが潰されたところを吉川が素早くサポートし、こぼれ球を吉川が丁寧にインサイドでシュートし、これが決まる。相手GKはタイミングが合わず見送るだけだった。

しかし1試合目よりもコンディションを上げてきたコロンビアも簡単には引き下がらない。10分コロンビアの10番、カロが左サイドでタメを作り、対角へのパスを通す。これを受けた選手が素早く足裏で後方へ落とし、走りこんできたジュリアン・ディアスが右サイドから豪快に蹴りこみ1点差とする。その後、試合は膠着したまま2-1で後半へ。

後半の立ち上がりはコロンビアが攻勢に出る。個人技を前面に押し出しピヴォ当てから日本ゴールに迫るが、日本も集中したディフェンスでゴールに蓋をする。すると29分、相手シュートが外れた後にGK藤原が素早くクリアランスをスタート。右サイドでそのパスを受けた逸見が素早くドリブルを開始。数的優位でハーフを越えたところで逸見が中央へカットインして、ゴール正面から迷わずミドルシュートを放つ。これが決まり3-1と日本がリードを広げる。

コロンビア代表の10番カロ。攻撃の要で独特のリズムのドリブルで日本代表を苦しめた。コロンビア代表の10番カロ。攻撃の要で独特のリズムのドリブルで日本代表を苦しめた。

「3-1から追加点を奪うことができなかったことで、その後の試合展開が苦しくなってしまった」とミゲル監督が試合後にコメントした通り、32分にコロンビアが逆襲。再びカロが起点となり、ラミレスが反転シュートを狙う。これを一度は滝田が防ぐがこぼれ球をラミレスに拾われ、再びシュートに行く。これが決まってコロンビアが1点差に詰め寄る。

1試合目と同じように、残り5分を切ったところでコロンビアがパワープレーに出てくる。1試合目であまり機能していなかったことから、少しシステムを変えてきたが日本はしっかりと対応して得点を許さない。しかし残り時間わずかとなったタイミングで攻め込んだ日本がミスからカウンターを受けそうになる場面で、後半1枚イエローカードをもらっていた吉川が相手を後ろから引っ張り止め、2枚目のイエローで退場となる。

この時点で残り25秒。3人の日本に対して当然コロンビアはパワープレーでより数的優位を生かした攻めに出る。この25秒で二度ポストやバーを叩く日本にとってはラッキーもあったら、残り1秒で逸見が劇的なパワープレー返しを決めて4-2として、タイムアップ。

第2戦で2得点を挙げた逸見。

第2戦で2得点を挙げた逸見。

 

アジア選手権に向け弾みのつく連勝で走行試合を締めくくった日本代表。今回の親善試合には16名の選手が招集されたが本選に出場できるメンバーは14名。試合後の会見でミゲル監督は「本選に出場する14名のイメージはできている。星は大事をとって2試合で使いませんでした。彼は非常に大事な選手なのでギリギリまで状態を見極めたい。GKは3名連れて行くので、FPが今回のメンバーから2名外れることになる」とコメント。

気になる出場メンバーは2月1日に発表される予定。

 

 - 日本代表ニュース, 試合レポート, 試合速報

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大分、浦安がプレーオフ出場確定!【inゼリーFリーグ29節結果】

1月23〜25日に各地でFリーグ第29節が開催された。 名古屋がすでにプレーオフ …

速報!日本が準決勝に勝利し決勝進出!

『AFC女子フットサル選手権マレーシア2015』を戦う日本代表。9月25日のマレ …

日本代表 vs クロアチア代表戦、明日キックオフ!

明日、12月18日東京の駒沢オリンピック公園総合運動場体育館でフットサル日本代表 …

【U-20アジア選手権】ライター河合拓の〝ユース戦記〟

現在、タイのバンコクで行われている『AFC U-20フットサル選手権』 ユース年 …

2点のビハインドからイランがポルトガルを破り3位【ワールドカップ・3位決定戦】

ワールドカップ3位決定戦が10月1日に行われ、イランとポルトガルが対戦した。 イ …

親善大会の日本代表監督に木暮賢一郎氏が就任!

JFAから、4月22日に愛知県で行われる国際親善大会の日本代表監督に、木暮賢一郎 …

【inゼリーFリーグ第30・31節結果】名古屋セントラル写真レポート

1月30日から2月1日にかけて、テバオーシャンアリーナで『Fリーグ2014/20 …

日本代表 欧州遠征メンバーとスケジュールが発表

 JFAより、欧州遠征に参加する日本代表メンバーとスケジュールが発表になった。 …

日本代表が大分で合宿 マレーシア代表とのトレーニングマッチも

ミゲル・ロドリゴ監督率いる日本代表が、9月7日(月)〜9日(水)にかけて、大分県 …

日本がワールドカップ開催地に正式立候補!

JFAから「FIFAフットサルワールドカップ2020」に日本が正式に立候補するこ …