フットサルを蹴る、見る、着るそして上手くなる。唯一のフットサル専門誌

アジア選手権/カメラマン軍記コラム「心から叫べ」

   

現在、ウズベキスタンのタシケントで、日本代表のアジア選手権を取材中のカメラマン・軍記ひろし氏。

日本代表の試合の模様を、軍記氏独自の視点で写真とともにお伝え!

今回はレポートではなく独自の視点からコラムを書いてくれました。

(文&写真:軍記ひろし)

 

GH1_0890

心から叫べ!

 

オーストラリア戦を3-1と完勝

競ったゲームのようだが、これからの戦いに向けた調整はうまくいったのではないだろうか。

そしてここからいよいよ本当のアジア選手権が始まる。

 

GH1_0870

 

順当に4強と言われる日本、イラン、タイ、ウズベキスタンがグループを1位通過し

そしてイラク、キルギスタン、オーストラリア、ベトナムが2位グループとして参加する。

本当の意味でのチーム力が問われる戦いが始まり

様々な状況に対応できる策の数が勝敗に絡んでくることだろう。

 

GH2_3494

 

日本はこれまで3試合で15ゴールしている。素晴らしい数字だ。

坦々と得点し坦々と試合が進み坦々と試合が終わる。

とても静かで穏やかだ。

 

GH2_2488

 

会場に足を運ぶ観客はほとんどがウズベキスタン人だ。

どうみてもウズベク人は騒ぐのが好きだ。

ウズベキスタンの試合でなくても『ウズベキタン!ウズベキスタン!』こんな感じだ。

ドラムセットまで持ち込みこのコールを煽る。

そんな人達だがひとつきっかけがあると自チーム以外のチームの声援を送り出したりする。

そのひとつのきっかけというのがゴールだ。

ゴールというよりゴール後のパフォーマンスだ。

 

GH1_1425

 

1点目だろうが10点目だろうが ゴール後の喜び方によって会場でのそのゴールの価値が変わる。

『俺は本当にゴールを決めて嬉しいのだー!』

『どうだ?見ただろう俺のゴールを!』

『そうだ俺を讃えろ!』

この感情を伝える流れが会場をひとつにする。

 

GH2_2671

 

そうここまで何試合も見てきたが一番有効に感じることが観客を巻込む事だ。

1点目だから『ウウォー!』ではなくて10点目でも『ヨッシャー!』が出せる事が大切なのだ。

その『ゴールに魂を乗せた!』。その感情を会場全体に伝えること伝わることこれにより多くの声援が得られ、多くのサポーターを獲得できるのだ。

アジアでの戦いはこれがとても有効である。だからこそ

『ゴールを決めた喜びを心から叫べ!』


GH2_1918 GH2_1955

 - 日本代表ニュース, 試合レポート

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ミゲル監督退任へ

ワールドカップ出場を逃した日本代表のミゲル・ロドリゴ監督が退任すると日刊スポーツ …

アジア選手権の組み合わせ発表! 日本はオーストラリアなどと同組に

AFCより、来年の2月に開幕する「AFCフットサル選手権2016」の組み合わせと …

U-18フットサル日本代表が茨城キャンプを開始 清水、植松、山田のFリーガートリオが存在感を示す

U-18フットサル日本代表候補によるトレーニングキャンプが21日、茨城でスタート …

18歳・清水が初招集!日本代表候補メンバー発表

JFAより、大分県でのトレーニングキャンプに参加する日本代表候補メンバーが発表に …

日本vsクロアチア 第2戦 選手コメント

国際親善試合 日本vsクロアチア 第2試合 日本代表 5ー2(3−0) クロアチ …

no image
日本女子代表候補メンバーが発表に!

JFAより、トレーニングキャンプに参加する日本女子代表候補メンバーが発表になった …

U-18日本代表茨城合宿3日目レポート

U-18選手権得点王の市川が紅白戦で爆発  U-18フットサル日本代表候補は茨城 …

辛勝したスペインと引き分けたアルゼンチン、決勝トーナメント16チームが決定【ワールドカップ・グループリーグ】

ワールドカップ大会9日目。グループEとFの最終戦が行われ、アルゼンチンとスペイン …

PUMA CUP 2015 写真レポート<準決勝>

3月13〜15日に渡り東京都・国立代々木体育館で開催中の『PUMA CUP 20 …

日本代表メンバーが発表に! 欧州遠征(3/25~4/8)

日本代表欧州遠征(3/25~4/8) メンバー・スケジュール JFAより3月25 …