フットサルを蹴る、見る、着るそして上手くなる。唯一のフットサル専門誌

ナビ最新号チラ見せ企画!『penetrar×GALLERY・2 特別対談』

   

フットサルナビ最新号からピックアップした記事をチラ見せする本コーナー!

今回はファッション関連のトピックスをピックアップ。2016SSから思い切ったデザインチェンジをしたpenetrarのブランドディレクター・大貫氏とフットサルショップのパイオニアGALLERY2渋谷店の統括・黒川氏の対談記事を紹介!

g2_pene

ペネトラール2016SSを読み解くキーワードは 【カッコイイ>カワイイ】

昨年、展示会で発表されたペネトラール2016SSコレクションは業界でちょっとした話題をさらった。それはカラフルでユニセックスなアイテムが溢れるフットサルアパレルに一石を投じる黒と白で統一されたモノトーンの世界観。そのアイテムに対して意見が賛否分かれる中、フットサルショップのパイオニア的存在であるギャラリー2渋谷店が、ペネトラールを強力プッシュする情報をキャッチ。そこでブランド、ショップ、双方の視点からペネトラールの世界観を紐解いていく。

まず、どのような経緯、キッカケでここまで大幅なブランドイメージの刷新を行ったのでしょうか?

大貫 ブランドを続けていく中で、ペネトラールらしさが年々薄れてきてしまっていると感じていました。カワイイよりもカッコイイ。そのペネらしさに立ち返ろうという想い、メッセージを込めた形が今季のデザイン。正直、勝負に出たと思いますが、中途半端にならずに、より明確に意思表示できたのではないかと。

黒川 (デザインやカラーは)どうしても周りの影響を受けてしまいがち。これまでは確かに他ブランドと似てきてしまった感はありましたね。ですが、今季はコンセプトが明確に打ち出された。そういった部分はショップとしてもお客さんに訴求しやすいところなので、今回(2月2日より)渋谷店の入り口付近にペネトラールのコーナーを作って、全アイテムを網羅することに決めました。

GALLERY2渋谷店の入り口付近が現在ペネトラールブースになっている。(写真:高橋学)

GALLERY2渋谷店の入り口付近が現在ペネトラールブースになっている。(写真:高橋学)

全アイテムというのはすごいですね。ブランドだけでなくショップも振り切りましたね(笑)

大貫 まだまだブランドの認知という部分では足りない中で、ギャラリー2さんにプッシュしていただけるのは大変ありがたいです。自分としては、今季はブランドイメージをリセットしたと思っているので、ここから新しいペネトラールを打ち出していくタイミングでもあります。

黒川 カラフルなアイテムが多いフットサルアパレルの中で、こういったデザイン、世界観はより際立ちます。店頭にコーナーを作ることで必然的にお店の雰囲気にもアクセントがつく。売場作りの面でも良いことです。それと、今お客さんでレプリカのユニフォームを買った人たちにアンケートを取ったところ、60%以上の人が(フットサルやサッカーを)プレーする時にそのユニフォームを着用していることがわかりました。応援や観戦のために買っている人がほとんどだと思っていたので目からウロコでした。これはつまりプレーする層が、まだまだ沢山いることの表れでもあります。

フットサルは、観戦よりもDOスポーツの要素が強いです。その層へのアプローチとも今季の世界観は関係しているのでしょうか?

黒川 フットサルを競技としてプレーする層ではなく、サッカー経験者でこれからフットサルをプレーしてみようと言う人たちはカッコイイアイテムを求めています。その層へ今季のペネトラールは刺さる可能性があると思います。もともとフットサルアパレルは、新しいことにトライするのが根底にあって、サッカーブランドにない派手さやデザインに傾倒していきました。その反対に行く今季のペネトラールのスタンスも逆にフットサルらしいかなと思います。

大貫 最初はすごく不安もありましたが、展示会で発表してすごく良い評価もいただけて、こうやって大きく打ち出してもらうこともできたことで、一歩踏み出せた感じがしています。

黒川 春夏は黒が売れないと言われる中でお客さんからどういう評価をされるのか自分も楽しみですね(笑)

大貫 それはプレッシャーですね…。ですが、カラーだけでなくデザインでも、黒と白のコントラストをうまく使ったパターンや柄で、どのアイテムも組み合わせやすくなっているので、それを見て、着て、楽しんでもらえたら嬉しいです。

penetrar2016SSのキーヴィジュアル ©penetrar

penetrar2016SSのキーヴィジュアル ©penetrar

penetrarの情報はコチラ→http://www.penetrar.net

GALLERY2の情報はコチラ→https://www.gallery2.co.jp

 - インタビュー/コラム, カルチャートピック, ファッショントピック

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

吉村謙一のFKリーグレポート No.3

日本人初の韓国フットサルリーグ(FKリーグ)プレーヤー、吉村謙一。   …

コラム:日本代表に欠かせない〝スペシャルワン〟

 サッカー界で「スペシャルワン」と言えば、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ …

加藤未央さんがSVOLME原宿店の1日店長に就任!

フットサルナビ本誌の人気コーナー『サルモノ』やSVOLME2015SSのカタログ …

甲斐さんへの手紙

2月15日(水)に、フットサルナビ最新号となる3月号が発売になります! 表紙はペ …

201607
最新号チラ見せ企画!2016年7月号ファッション特集「初夏の親子コーディネート」

フットサルナビ2016年7月号の購入はこちら   現在発売中のフットサ …

祝20周年記念! 湘南ビーチサッカー2016出場チーム募集中

 『湘南タマ蹴り振興会』の「湘南でより多くの人々にタマ蹴り(=フットボールのよう …

フォトグラファー軍記ひろしの見た第1回アジアクラブ選手権イラン2010

現在、イランのイスファハンでAFCフットサルクラブ選手権を戦う日本代表の名古屋オ …

gol.がFisiotraining Performanceとのパートナーシップを締結

南米をモチーフにしたデザインで人気の日本発のフットボールブランド『gol.』がフ …

大会最多8得点のFP中村充 「点を決めてチームを盛り上げることが役割の一つだった」

GAViC CUPでU-18東京都選抜は2大会連続の準優勝に輝いた。このチームを …

VAMOS! HISA 第3回 金山友紀「ヒサは原点の時期をともに過ごした仲間」

7月1日に自伝「笑顔のパス」を発売した湘南ベルマーレの久光重貴。 自身が患った肺 …