フットサルを蹴る、見る、着るそして上手くなる。唯一のフットサル専門誌

帝京長岡高が中心の新潟県選抜がGAViC CUP初出場初優勝!

   

GAViC CUPユースフットサル選抜トーナメント2016が3月19日、20日に墨田区総合体育館で開催された。

決勝には初出場の新潟県選抜(北信越代表)と前回大会準優勝の東京都選抜(開催地代表)が勝ち上がり、15分プレーイングハーフの試合結果は1-1の引き分け。

PK戦では、キッカー3人全員が成功した新潟県選抜が3-2で勝利し、初のタイトルを獲得している。

(文&写真:河合拓)

PH1_TAKU8134 (1280x853)

優勝した新潟県選抜

 

 新潟県選抜のメンバーは、2013年に全日本ユース(U-15)フットサル大会を制した長岡JYFCのメンバーを中心に構成されていた。FP小林拓夢、FP石田健太郎、FP高橋響らは帝京長岡高サッカー部に在籍し、夏に開催された全日本ユース(U-18)フットサル大会にも出場していた。残念ながら高校サッカー選手権では新潟県大会の決勝で敗れて全国大会に出場できなかったが、U-18サッカー日本代表のDF大桃海斗を筆頭に、この世代のトップレベルのサッカー選手たちである。

 

 U-18新潟県選抜は1次ラウンドで、前回大会のベスト4でもあるFOOTBOZE FUTSAL U-18(関東1代表)、昨夏に開催された第2回全日本ユース(U-18)フットサル大会で優勝した作陽高(中国代表)、高松商業高(四国代表)と同じBグループに入っていた。

 

 初戦のFOOTBOZE FUTSAL U-18戦では、開始42秒に石田のゴールで先制すると、前半3分にもFP小林拓夢が追加点を決めた。10分にはGK小川明乗がゴールクリアランス時の4秒ルールを取られ、間接FKからFOOTBOZE FUTSAL U-18に1点を返される。1点を加えてからの前半終盤にはパワープレーにも苦しめられたが、5-2で初戦に勝利した。

 

 続く第2戦では、世代交代を行い、2年生が中心となった作陽高にリードされる展開となる。それでも後半4分に高橋のゴールで同点に追いつくと、その2分後にはFP水本蓮が左足で強烈なシュートを決めて逆転する。さらに石田がダメ押しゴールを決めて2連勝とした。

 

 引き分けでも決勝トーナメント進出が決まる第3戦の高松商業高戦は、激しい点の取り合いとなる。残り4分を切って5-5の同点となったが、後半13分に高橋のゴールでリードすると、そこから4得点を連続で決めて最終的には10-5と大差をつけて勝利。3連勝で1次ラウンドを通過した。

 

 準決勝ではワイルドカードで決勝ラウンドに進出したU-18静岡県選抜と対戦。U-18静岡県選抜には、全日本ユース(U-18)フットサル大会ベスト4のエスパッソU-18の選手が中心で、FP山桐正護、FP浅井拓、FP市川宙、FP宇田川幸輝という4人のU-18フットサル日本代表候補が名を連ねていた。この試合でU-18新潟県選抜は圧倒的な強さを見せつける。前半だけで7-0と大量点をリードすると、後半はファーストセットを温存。運動量を売りに前からプレッシングを掛けるセカンドセットを中心に後半の15分を戦い抜き、8-2で決勝進出を決めた。

 

PH2_TAKU8093 (1280x853)

準優勝の東京都選抜

 

 もう一つの決勝進出チームは、U-18東京都選抜だった。U-18東京都選抜は、U-18フットサル日本代表候補5名を擁して優勝候補筆頭に挙げられていたU-18北海道選抜(北海道代表)、前回大会優勝のU-18愛知県選抜(東海第2代表)、U-18大阪府選抜(関西代表)と同居したAグループを2勝1分けで勝ち上がった。続く準決勝ではU-18神奈川県選抜(関東第2代表)と対戦し、7-5で競り勝っている。ここまで大会最多8得点を挙げていたFP中村充がチームを引っ張り、2年連続の決勝に駒を進めていた。

 

 決勝は前半を0-0で折り返すと、後半7分には、すでに進学先の東洋大サッカー部でAチームに名を連ねる小林が先制点を記録する。しかし、その2分後には縦パスを受けたU-18東京都選抜のFP畠山勇気に反転からシュートを決められ、同点に追いつかれてしまう。さらに後半10分にはCKから、中村にゴールを決められてしまう。GK小川は「やられたと思った」と振り返ったが、直前にU-18東京都選抜にブロックのファウルがあったとする判定に助けられた。その後は両チームともにチャンスをモノにできず、タイトルの行方はPK戦で決められることとなった。互いに2人が決めて迎えた3人目、U-18東京都選抜の畠山のシュートをGK小川がストップ。U-18新潟県選抜は、小林がシュートを決めて3-2で初のタイトルを獲得した。

 

PH3_TAKU6658 (1280x853)

PH6_TAKU4087 (1280x853)

PH5_TAKU6891 (1280x853)

 - ユース, 全国大会レポート&結果, 試合レポート

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

帝京長岡高校が初優勝!第3回全日本ユースフットサル大会

     第3回全日本ユース(U-18)フットサル大会が8月 …

リカルジーニョが1試合6得点、ロシアは連勝【ワールドカップ グループリーグ】

13日(日本時間14日)にワールドカップ大会4日目が行われた。グループAではポル …

長岡JYFCが3連覇!全日本ユース(U-15)フットサル大会

 1月7日から9日まで三重県のサンアリーナで開催された第22回全日本ユース(U- …

明日開幕!全日本女子フットサル選手権大会

2015年11月6日(金)から8日(日)にかけて、北海道の「湿原の風アリーナ釧路 …

アジア選手権カタール戦/カメラマン軍記レポート!

現在、ウズベキスタンのタシケントで、日本代表のアジア選手権を取材中のカメラマン・ …

辛勝したスペインと引き分けたアルゼンチン、決勝トーナメント16チームが決定【ワールドカップ・グループリーグ】

ワールドカップ大会9日目。グループEとFの最終戦が行われ、アルゼンチンとスペイン …

no image
『第12回全日本大学フットサル大会』の組み合わせ発表

8月26日(金)から28日(日)まで、大阪府の府民共済SUPERアリーナで開催さ …

女子日本一をかけた戦い!『第13回全日本女子フットサル選手権大会』

第13回全日本女子フットサル選手権大会、今年は北海道札幌市のきたえ~るで開催。 …

ロシアが決勝進出、イランは届かず【ワールドカップ・準決勝1日目】

準決勝1試合目が行われ、イランが強豪ロシアと対峙した。 イランは得点の奪い合いの …

日本代表vsベトナム代表 写真レポート

日本代表にとってリスタートとなる国際親善試合が愛知県で行われた。 初戦のベトナム …