フットサルを蹴る、見る、着るそして上手くなる。唯一のフットサル専門誌

Fリーグ2016/2017順位予想を発表!

      2016/06/11

追記 ※ライター本田氏の順位予想を追加しました!
追記 ※ライター河合氏の順位予想を追加しました!
(順位予想を発表したいメディアの方、いらっしゃいましたら連絡ください)

fleague_10th_logo

 

『SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017』がいよいよ、明日開幕する。

というわけで、開幕に先立ってフットサルナビが今シーズンの順位予想を発表!

みなさんの予想と見比べてみてください。それでは、いってみよう!

(※順位予想はリーグ戦の最終結果を予想しています)

 

ライター本田好伸 順位予想

1位  シュライカー大阪

2位  ペスカドーラ町田

3位  名古屋オーシャンズ

4位  府中アスレティックFC

5位  バルドラール浦安

6位  フウガドールすみだ

7位  バサジィ大分

8位  湘南ベルマーレ

9位  デウソン神戸

10位 アグレミーナ浜松

11位 エスポラーダ北海道

12位 ヴォスクオーレ仙台

 何やら面白そうなことを……と傍観していたら河合氏に先を越されました。実は上位4チームはまんま同じ(真似ではなく、本当に考えていましたよ?)

 大阪はリーグでダントツの攻撃陣にチアゴが加わり、攻撃力に申し分なし。守備も、かねてより着手しているシステムが完成を見れば、リーグ1位も現実味を帯びます。町田は当然、森岡、室田の加入による上積みと、甲斐の引退によるモチベーションアップで、最後まで優勝争いをするはず。名古屋は正直、毎試合で苦しみそう。(帰化選手を含む)外国人選手たちが集中力を切らさずにシーズンを過ごせるかどうか、ペドロ・コスタ新監督の腕の見せどころ。リアルに、リーグ3位に終わる可能性も……。

 それと、4位から7位は昨シーズンのように最後までプレーオフ争いを繰り広げ、結果的には府中、浦安が滑り込むイメージ。湘南が今年はちょっと伸びるかもしれないという一方で、北海道は高卒ルーキーたちが少しでも戦力にならないと厳しいかも。

 ちなみにこの順位は、レギュラーシーズンをイメージしているので、最終的にプレーオフでどうなるかは、分かりません(笑)。あと、この予想ですが、もう少し詳しく、futsalEDGEにて掲載予定です。

 

 

ライター河合拓 順位予想

1位  シュライカー大阪

2位  ペスカドーラ町田

3位  名古屋オーシャンズ

4位  府中アスレティックFC

5位  フウガドールすみだ

6位  バルドラール浦安

7位  バサジィ大分

8位  アグレミーナ浜松

9位  エスポラーダ北海道

10位 湘南ベルマーレ

11位 デウソン神戸

12位 ヴォスクオーレ仙台

 

外国籍選手3人が集まり、監督の戦術も浸透した大阪が悲願のリーグ1位と予想。

2位の町田は守備のイゴールに加え、攻撃にも森岡と柱ができた。森岡がキャリア最長の離脱から、いつ復帰できるかがポイント。

名古屋はシノエの退団が痛恨。新外国人獲得の噂も出てているが、どのクラスの選手になるかで10連覇が変わってくる。

今季、サプライズを起こすチームに浜松を予想。野嶋、曽根田を負傷で欠く序盤の成績次第では、もう少し上も狙えるか。

 

 

編集オータ 順位予想

1位  ペスカドーラ町田

2位  名古屋オーシャンズ

3位  府中アスレティックFC

4位  フウガドールすみだ

5位  シュライカー大阪

6位  バサジィ大分

7位  エスポラーダ北海道

8位  バルドラール浦安

9位  デウソン神戸

10位  湘南ベルマーレ

11位  アグレミーナ浜松

12位  ヴォスクオーレ仙台

 

優勝争いは、名古屋と町田に絞られると予想します。

府中、すみだ、大阪が第2グループ。大分、北海道、浦安が第3グループ。神戸、湘南、浜松、仙台が第4グループの予想です。

優勝争いは開幕直前になって、名古屋はシノエ退団のマイナス要素。逆に町田は甲斐修侍の今シーズン限りの引退という、チームの団結にはもってこいのプラス要素。

というわけで、町田の優勝を予想します!

 

 

 

編集まるを 順位予想

1位  名古屋オーシャンズ

2位  ペスカドーラ町田

3位  シュライカー大阪

4位  フウガドールすみだ

5位  府中アスレティックFC

6位  バサジィ大分

7位  バルドラール浦安

8位  デウソン神戸

9位  エスポラーダ北海道

10位  湘南ベルマーレ

11位  アグレミーナ浜松

12位  ヴォスクオーレ仙台

北海道と湘南は未知数な部分が多いので、順位の上下はありそう。

浦安、大分はプレーオフ圏内争いをする可能性は十分あると思います。

優勝争いは、昨シーズンよりも勝ち点差が少なくなりそうなので、リーグ終盤まで楽しめる展開になると思います!

 - Fリーグニュース

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

《AFCフットサルクラブ選手権》名古屋はベスト8で敗退。優勝はイランのTasisat Daryaei

7/31〜8/7に渡って、イランのイスファハンで開催された第5回AFCフットサル …

【inゼリーFリーグ第33節結果】名古屋、大分、浦安、北海道、大阪がプレーオフへ!

2月14、15日に全国各地で開催されたレギュラーシーズンの最終節となる第33節。 …

第21回全日本フットサル選手権大会、名古屋が延長戦を制して決勝へ!<写真レポート>

本日3月12日、代々木第一体育館で開催されている第21回全日本フットサル選手権大 …

no image
FUTSAL KOBE FESTA 2016 1日目結果

6月2日から6月5日まで、兵庫県のグリーンアリーナ神戸で行われている『FUTSA …

すみだが開幕5連勝で単独首位キープ!【ゼビオFリーグ第5節】

インターネットでのお求めはコチラから!   『SuperSports XEBIO …

荒牧太郎の提言!「ファールの仕方」

バルドラール浦安に所属する荒牧太郎が自身のブログ(荒牧太郎オフィシャルブログ「全 …

原田浩平が大分に加入!【Fリーグ移籍情報 4/4】

Fリーグ3チームからから新入団選手が発表された   バサジィ大分は、元 …

最新移籍情報4/28

本日、仙台より久光邦明選手の退団が発表された。 久光邦明選手は「がんでもプレーを …

相井忍が退団発表!【Fリーグ移籍情報 3/24】

デウソン神戸より、相井忍の退団が発表になった。   相井忍は2013年 …

名古屋が新監督&ブラジル代表獲得を発表!

本日、名古屋オーシャンズから来季へ向けた新体制の発表が行われた。 発表によると、 …