フットサルを蹴る、見る、着るそして上手くなる。唯一のフットサル専門誌

ほぼU-19日本代表が、ミゲル率いるタイ代表に引き分ける[タイランド5s]

   

201609_cover

絶賛発売中のフットサルナビ2016年9月号!
お買い求めはこちらから

 

 

2-2のスコアは、期待を上回る結果だった。
14名中12名がU-19世代のメンバー構成でタイランド5sに臨んでいる日本代表は、20日に行われたタイ代表との試合を仁部屋和弘(バサジィ大分)と清水和也(フウガドールすみだ)のゴールで引き分けた。

(文&写真:河合拓)

14054745_907690576002611_1279226339_n
前半3分という早い時間帯に失点を喫した日本だが、その失点を引きずることはなかった。

国際経験の豊富な皆本晃(府中アスレティックFC)、仁部屋のフォローもあり、若い選手たちが徐々にそれぞれの持ち味を出していく。

山田慈英(デウソン神戸)、松原友博(名古屋オーシャンズサテライト)が1対1の勝負を挑み、清水は積極果敢にゴールを狙っていった。

 

14080824_907690149335987_2097745955_n

 

前半のうちに追いつけなかった日本だが、後半2分には山田からのパスを受けた仁部屋がゴールを決めて、試合を振り出しに戻す。

互角の試合を展開できたことで、徐々に日本の選手たちにもリスクを冒して攻める姿勢が見えてくる。

それによって、タイに好機をつくられたが、植松晃都(湘南ベルマーレ)や仁部屋が数的不利となってのカウンターを防ぎ、FPが防ぎきれなかったシュートもGK岩永汰紀(バサジィ大分)が鋭い反応を見せて追加点を許さなかった。

 

14081469_907690026002666_1205934425_n

 

ところが後半18分、一瞬の隙を突かれてスパウットにミドルシュートを決められ、再び追う展開となる。

残り2分を切り、鈴木隆二監督は皆本、仁部屋、清水、植松のセットで同点ゴールを目指す。

第2PKを与えてしまうピンチもあったが、ここも耐えた日本は、残り時間28秒というところで清水が渾身の同点ゴールを記録する。

試合終了の瞬間まで勝利を目指した日本だったが引き分けで試合は終了。第2戦では、カザフスタンと対戦する。

 

14055547_907690719335930_533463362_n

 - ユース, 日本代表ニュース, 海外大会情報, 試合レポート

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日本vsクロアチア 第2戦 選手コメント

国際親善試合 日本vsクロアチア 第2試合 日本代表 5ー2(3−0) クロアチ …

大阪が町田を下して初優勝! Fリーグ10年目にしてついに歴史が動く!【SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 プレーオフ・ファイナル】

3月3日(金)、4日(土)に岸和田市総合体育館でプレーオフFinal Round …

プレーオフファイナル第1戦 写真レポート

名古屋オーシャンズの8連覇で幕を閉じたFリーグ2014/2015。 ファイナルラ …

大阪、初戦快勝!【河合拓のアジアクラブ選手権レポート01】

現在開催中の、アジアNo.1クラブチームを決める大会『AFCフットサルクラブ選手 …

日本vsクロアチア 第2戦 監督コメント

国際親善試合 日本vsクロアチア 第2試合 日本代表 5ー2(3−0) クロアチ …

日本代表戦 対談レポート!

サッカー誌「ストライカーDX」の名物企画〝対談レポート〟がフットサルナビホームペ …

バーモントカップ グループリーグ結果

1月4日~6日に開催される小学生年代の日本一を決定する『バーモントカップ 第24 …

明日、日本代表、初戦!アジア選手権@ウズベキスタン

ウズベキスタンの首都タシケントで開催される「AFCフットサル選手権2016」 日 …

長岡JYFCが3連覇!全日本ユース(U-15)フットサル大会

 1月7日から9日まで三重県のサンアリーナで開催された第22回全日本ユース(U- …

優勝賞金1千万【GAViC DREAM CUP 2016決勝戦】

優勝賞金1千万――。 「夢」のような大会、GAViC DREAM CUP 201 …