フットサルを蹴る、見る、着るそして上手くなる。唯一のフットサル専門誌

大阪のリーグ1位がいよいよ現実的に!【Fリーグ2016/2017 順延第7節】

   

Fリーグオフィシャルサイトより引用

 

勝ち点差11の重み

名古屋オーシャンズが『AFCフットサルクラブ選手権』に出場するために順延となっていた、『SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第7節 大阪vs名古屋』の試合が1月5日、高知県立春野総合運動公園体育館で開催された。

 

偶然か、はたまた狙いか。順延となった試合が今シーズンのFリーグの行方を左右する大一番となった。

両チームの勝ち点差は8。

現在1位の大阪は直接対決を制すれば、残り7試合で勝ち点差11。リーグ戦1位が現実味を帯びる。

一方の名古屋は、この直接対決で勝ち点差を縮めることは必須。さらにもう一戦残っている直接対決にも勝利して、なんとか逆転1位を狙いたいところだ。

 

 

そんな両チームの思惑で始まった試合だったが、開始直後からスコアが動く。

開始わずか40秒で大阪の加藤未渚実が得点。

堅守の名古屋としては、これでゲームプランの大幅な修正を迫られることになった。

その後は名古屋、大阪がそれぞれ得点して試合が進むが、前半終了間際に立て続けに大阪が第2PKを決めて4-1までリードを広げる。

後半も大阪、名古屋がそれぞれ得点を重ねて、差は縮まらず。

7-4で大阪が天王山に勝利した。

 

残り試合数は7。

名古屋が全勝し、大阪が半分以上勝利を逃せば逆転は可能だが、ここまで無敗記録を更新する大阪がそうそう勝ち点を取りこぼすとは思えない。

 

Fリーグのプレーオフファイナルは、下位チームは2連勝しないと優勝できない。つまり、リーグ1位チームに圧倒的有利なレギュレーションだ。

ということは、プレーオフ優勝を狙うならば、リーグ戦1位を狙わないといけない。

 

今回の勝利は大阪にとって、リーグ1位を引き寄せるだけでなく、プレーオフ優勝までもを大きく引き寄せる勝利であった。

 

大阪が新たな歴史の扉を開ける瞬間が近づいている。

 - Fリーグニュース

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

PUMA CUP 2015 写真レポート<トーナメント1回戦>

撮りたてホヤホヤのPUMA CUP 2015の1回戦の写真をお届けします! 撮影 …

来シーズンの開幕カードが発表に!

Fリーグより、来シーズンのFリーグ開幕節のカードが発表になった。例年通り、代々木 …

5/13 Fリーグ最新トピックス!

Fリーグの注目ニュースをトピックスでお伝えしていくこのコーナー。 まずはこの記事 …

3/31 Fリーグ入退団情報一覧

2014/2015シーズンも終了し、続々と発表される入退団情報。そこで、今までに …

no image
北嶋が不起訴処分で釈放

バサジィ大分のホームページに、住所侵入容疑で逮捕された北嶋佑一が、不起訴処分とな …

no image
デウソン神戸が7選手の退団を発表!

本日、デウソン神戸より7名の選手の退団が発表になった。 退団選手の中には、日本代 …

森秀太、引退!ボートレーサーに挑戦

シュライカー大阪のホームページに衝撃の発表がされた。 (シュライカー大阪ホームペ …

4/3 Fリーグ入退団情報一覧

2014/2015シーズンも終了し、続々と発表される入退団情報。そこで、今までに …

大阪が逆転勝利で首位堅守。PO圏内チームも揃って勝利。【SuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 第25節】

フットサルナビ2017年1月号、絶賛発売中!! お求めはコチラから! &nbsp …

4/1 Fリーグ入退団情報一覧

2014/2015シーズンも終了し、続々と発表される入退団情報。そこで、今までに …