フットサルを蹴る、見る、着るそして上手くなる。唯一のフットサル専門誌

【U-20アジア選手権】第3回 ライター河合拓の〝ユース戦記〟

   

現在、タイのバンコクで行われている『AFC U-20フットサル選手権』

ユース年代を積極的に追い続けるライター河合拓氏が、現地で大会の模様を取材中だ。

ユース年代を追い続けているからこそ見えてくる河合氏独自の視点で、大会の裏側に隠されたエピソードをお伝えする。

(文&写真:河合拓)

 

 

 

今回のU-20日本代表の選手たちは、ほとんどが日本代表としてプレーする経験をしていない。

その一方で、アジアのフットサルにおける「日本代表」というブランドは、非常に高いものとなっている。

仮に今大会でグループステージ敗退なんていうことになれば、日本代表の評価はさらに下がっていただろう。

 

そんな目に見えないプレッシャーを背負いながら臨んだ今大会、開幕前から鈴木隆二監督は「躍動感のあるプレーを引き出したい」と話していた。

しかし、試合を優勢に進めながらも、大事なところでゴールが奪えず、パワープレーからゴールを奪われ、気づけば3試合が終わって1勝2分け、グループステージ3位で最終戦を迎えることとなった。

 

選手たちは口々に、残り5秒で追いつかれたタジキスタン戦後のロッカールームが重苦しい雰囲気にあったという。

その試合を経て、残り1秒で追いつかれたインドネシア戦後のロッカールームの雰囲気は、さらに居心地が悪かったことは想像に難くない。

 

すべてがうまくいっていないわけではない。

それでも勝負のベトナム戦を前に、チームが恐れを抱いてしまう可能性は十分にあった。

 

ただ、この試合を前に、日本は負けないだろうという予想も立っていた。

ベトナムの状態が悪すぎたからだ。

ベトナムは、普段、国内で20分ハーフの試合を経験していない選手が多く、大会2試合目の時点で、すでに前半から足をつる選手が続出していた。

日本戦の前日に行われた台湾戦では、前半に3失点を喫して、あわや敗戦という状況にもなっていた。

試合終了間際に逆転して、何とか勝ち点3を得ていたが、日本を倒すだけの余力があるようには思えなかった。

 

そんな中で迎えた大一番、日本は見事な戦いを見せた。

序盤こそ、シュートが枠に飛ばなかったものの、前半6分に清水和也が強烈な直接フリーキックを叩き込むと、同13分には敵陣でボールを奪った樋口岳志が、そのまま左サイドから低い弾道のシュートをサイドネットに突き刺してリードを広げる。

守備では、この試合が初先発となったGK山田正剛が驚異的な反応を見せて、枠内に飛んできたシュートを弾き飛ばした。

 

 

 

後半の開始早々に中村充がCKから追加点を挙げると、その直後に緩みが出て1点を返されたが、痛々しいほど疲弊していたベトナムを相手にミッションを完遂する3-1の勝利を収め、勝ち点3を上積みした。

 

こうした大会の中で、選手たちは大きく成長するが、目に見えて変化が表れているのが、名古屋オーシャンズサテライトの岡田祥慶だ。

この代表チームが始動した直後は、追加メンバーでチームに加わった岡田だが、その後の合宿でアピールを重ね、名古屋サテライトから唯一の最終メンバー入りを果たす。

最終合宿でも、ファーストセット、セカンドセットのいずれにも入れなかったものの、今大会では与えられた短い出場時間で存在感を発揮。

ベトナム戦ではセカンドセットの一角に入るまでになった。

 

 

なぜか。

このチームにはドリブルを得意とする選手が数名いる。

府中アスレティックの内田隼太、デウソン神戸の山田慈英、シュライカー大阪の仁井貴仁。

おそらく技術的に、彼らが持っているモノは岡田に引けを取らない。

むしろ上回っていると思われる。

あとは、それをこの舞台で出せるかどうか。

大事な場面で決定力を見せている山田は別にして、内田と仁井は、まだ本来のポテンシャルを発揮できていない。

無理に仕掛けてボールを失うよりは、安全につなごう。

そんなプレーが少なくない。

対して岡田は失う回数も多いが、まず仕掛けることで相手の脅威となっている。

 

岡田に対して、鈴木隆二監督から特別な指示が出ているわけではないだろう。

監督は、サイドでボールをさらして相手の守備を広げる役割をアラに求める。

その中で岡田は、行けると判断することが、ほかの2人よりも多いのだ。

スペインにサッカー留学し、気づいたらフットサルに転向していたという岡田は、現地の選手たちとともにカタルーニャ州選抜にも選出された経歴を持つ。

彼の思い切り、監督の指示に従うだけではなく、持ち味を出していこうとする決断は、そうしたバックボーンがあってこそ、できるのかもしれない。

 

この話を書いたのは、次のイラク戦が、決して一筋縄ではいかない対戦相手だからだ。

実際に、イラクとグループステージで対戦したタイのミゲル・ロドリゴ監督は

「驚異的な強さだった。私たちは巨人と闘った。身体能力、技術、試合での経験。彼らはビースト(野獣)だった」

と、ホームで敗れた試合を振り返っている。

つまり、日本が勝つためには上積みが必要であり、より多くの選手たちが能力を出し切れなければ、厳しい結果が待ち受けているだろう。

 

この勝利により、日本が予選で敗退する可能性はなくなった。

ここからの戦いは、より挑戦者として積極的に臨めるはずだ。

ベトナム戦後には、孤高の天才キャラだった山田正剛が、先発を外れたときもチームのことを「家族」と表現したように、かつてないほどの一体感がチームには生まれている。

そのサポートを受ける中で、仁井や内田が本来の力を出し切ることができるか。

苦境を乗り越えたチームの、爆発力に期待したい。

 

 - インタビュー/コラム, ユース, 日本代表ニュース, 海外大会情報

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アジア選手権/カメラマン軍記レポート「ミゲルジャパンに足りなかったもの」

ウズベキスタンのタシケントで、日本代表のアジア選手権を取材したカメラマン・軍記ひ …

VAMOS! HISA第4回 小野大輔「フットサルに対するストイックさは1、2を争う存在」

7月1日に自伝「笑顔のパス」を発表した湘南ベルマーレの久光重貴。 自身が患った肺 …

日本vsマレーシア 第二戦 選手・監督コメント

ミゲル・ロドリゴ監督 ――今日の試合について? 「昨日と今日の試合では、全然違い …

チェコに連勝で遠征を締めくくる!日本代表欧州遠征

現在、欧州への遠征を行っている日本代表。今遠征の最終戦となるチェコとの親善試合第 …

日本代表vsウズベキスタン代表 写真レポート

新生・日本代表の国際親善試合第2戦が愛知県で行われた。 相手はアジア選手権で準優 …

ほぼU-19日本代表が、ミゲル率いるタイ代表に引き分ける[タイランド5s]

絶賛発売中のフットサルナビ2016年9月号! お買い求めはこちらから &nbsp …

no image
アジアクラブ選手権 名古屋の決勝の模様をNHKで放送!

    準決勝に勝利し、アジアクラブ選手権の決勝選出を決めた名古屋オーシャンズ。 …

酒井が初選出!日本代表候補メンバーが発表に

JFAより、6/1〜6/3に千葉で行われる「フットサル日本代表候補トレーニングキ …

日本はインドネシアと引き分け【U-20アジア選手権 グループリーグ第3戦】

現在、タイのバンコクで開催されている『AFC U-20フットサル選手権』に挑む日 …

コラム:日本代表に欠かせない〝スペシャルワン〟

 サッカー界で「スペシャルワン」と言えば、チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ …