フットサルを蹴る、見る、着るそして上手くなる。唯一のフットサル専門誌

大阪、初戦快勝!【河合拓のアジアクラブ選手権レポート01】

   

現在開催中の、アジアNo.1クラブチームを決める大会『AFCフットサルクラブ選手権ベトナム2017』

グループCに入った日本代表のシュライカー大阪は、初戦で中国代表の深圳南嶺鉄狼と対戦し、5-1で勝利した。

現地から、本誌でもおなじみのライター・河合拓氏がレポートする。

(文&写真:河合拓)

日本代表のシュライカー大阪

初戦の対戦相手、深圳南嶺鉄狼

 

不在の在。

 

中心選手を欠いたチームが、普段どおりの戦い方ができなかったときによく用いられる言葉だ。

ある選手が不在だったことで、その存在の大きさが改めて浮き彫りになったときなどに使われる。

 

今大会、大阪はレギュレーションの関係で、ヴィニシウスとチアゴという2人のピヴォを登録できない。

昨シーズン、リーグ最多の43ゴールを挙げたヴィニシウスと同2位の37得点を挙げたチアゴ。

レギュラーシーズンだけで計80得点を叩き出した彼らの不在で、チームに影響が出ないはずはない。

 

もちろん、この試合でも本来の意味での「不在の在」を感じる場面はあった。

少し雑な後方からのパスでも、簡単に収めてしまうチアゴのキープ力や精巧なシュートを放つヴィニシウスの左足があれば、より多くのゴールを量産できていたかもしれない。

彼らがいてこその大阪というイメージを持っている人には、もしかしたら迫力不足に見えたかもしれない。

 

だが、個人的には今シーズン、大阪に加入した相井忍と芝野創太は、非常に良い働きをしたと感じている。

 

芝野は1ゴールを記録、相井も先制点を含む2アシストと結果を残した。だが、それだけでなく彼らの献身性はボールのあるところ、ないところで光っていたからだ。

 

チアゴ、ヴィニシウスの不在を埋めた相井忍


 

 

 

不在の在。

 

コラムの最初にこの言葉を持ってきたのは、別の意味で、いないはずのヴィニシウスとチアゴが大阪にいるのだということを、初戦の戦いに感じ取ることができたからだ。

 

 

柿原聡一郎

 

GK柿原聡一郎。

数シーズン前まで府中アスレティックFCの下部組織でくすぶっていた才能は、アジアの舞台でも躍動した。

 

5-1というスコアで終わった試合だが、柿原が防いだピンチの数は少なくなかった。

国際試合の舞台に初めて立つ日本人GKは、ブラジル人やイラン人のシュート力に対応できないことが多い。

だが、この試合の柿原は違った。

枠内を捉えたシュートも、確実に外に弾き出した。フィードに課題が残ったものの、守備面での貢献度は極めて高かった。

 

背番号2を着ける大阪の守護神は、

「普段からアルトゥール、ヴィニシウス、チアゴのシュートを受けているので。それに比べれば全然…。

カブレウーバ(元ブラジル代表)のシュートは少し怖かったですが、普段からすごい選手たちのシュートを受けているので、そんなに相手のシュートは怖くありませんでした」と、振り返る。

 

公式戦で対峙しないとはいえ、日々の練習でFリーグでトップ3の得点力のある選手たちのシュートを受けているのだ。

おそらく柿原を含めた大阪のGK陣は、昨シーズン、日本で最も防ぐのが難しいシュートを受け続けたGKたちだろう。

 

柿原はファインセーブを連発した

 

 

グループステージ初戦、柿原の好守もあり、大勝した大阪は決勝トーナメント進出が濃厚となった。

第2節では、より強いシュートを打てる選手の多いイランのサナイェ・ギティ・パサンと対戦する。

この段階でイラン勢のフィニッシュを体感できるのは、この先を見据えても大きな意味を持つだろう。

 

初戦を1失点に抑えた柿原は言う。

「僕も含めて、世界のチームと戦う経験をした選手が少ない中、それでも自分たちはできると思って戦いました」。

その姿かたちは存在はホーチミンになくとも、チームはチアゴ、ヴィニシウスと、ともにアジアの頂点を目指して戦っている。

 - アジア, 海外大会情報, 試合レポート

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

PUMA CUP 2015決勝/3位決定戦

日本一のフットサルチームを決める戦い『PUMA CUP 2015第20回全日本フ …

Fリーグ第25・26節/横浜セントラルレポート!

12月12・13・14日の3日間、Fリーグ第25・26節/横浜セントラルが開催さ …

リカルジーニョが1試合6得点、ロシアは連勝【ワールドカップ グループリーグ】

13日(日本時間14日)にワールドカップ大会4日目が行われた。グループAではポル …

アジア選手権カタール戦/カメラマン軍記レポート!

現在、ウズベキスタンのタシケントで、日本代表のアジア選手権を取材中のカメラマン・ …

【U-20アジア選手権】第3回 ライター河合拓の〝ユース戦記〟

現在、タイのバンコクで行われている『AFC U-20フットサル選手権』 ユース年 …

フットサルナビ最新号紹介!名古屋サテvsチョンブリ試合映像

フットサルナビ2016年3月号絶賛発売中です! こちらからお求めいただけます! …

アジア選手権マレーシア戦/カメラマン軍記レポート!

現在、ウズベキスタンのタシケントで、日本代表のアジア選手権を取材中のカメラマン・ …

バーモントカップ グループリーグ結果

1月4日~6日に開催される小学生年代の日本一を決定する『バーモントカップ 第24 …

2点のビハインドからイランがポルトガルを破り3位【ワールドカップ・3位決定戦】

ワールドカップ3位決定戦が10月1日に行われ、イランとポルトガルが対戦した。 イ …

福井丸岡ラックが2連覇!【第7回全日本女子ユース(U-15)フットサル大会】

第7回全日本女子ユース(U-15)フットサル大会が1月8日、9日に行われ、福井丸 …