フットサルを蹴る、見る、着るそして上手くなる。唯一のフットサル専門誌

ソサイチ日本代表がZOTTに勝利

   

フットサルナビ最新号、絶賛発売中 !!

お買い求めはコチラ

 

 

なぜ〝甲斐修侍〟そして『ZOTT』がソサイチを? 

 

世間はお盆真っ只中の8月13日。

 

太陽がジリジリと照りつける横浜みなとみらいスポーツパークの人工芝ピッチで、普段はフットサルを専門にプレーしているチームの姿があった。

関東フットサルリーグ1部に所属するZOTT WASEDA FUTSAL CLUBだ。

この日、ブラジル遠征を9月に控えたソサイチ日本代表を相手にトレーニングマッチを行うという。

それにしても、なぜZOTTがソサイチを?

 

そこに加えて驚きと違和感を覚えたのはソサイチ日本代表チームの指揮を執る男の存在だ。

フットサル界のカリスマ「甲斐修侍」がテクニカルディレクターに就任したという話はリリースで耳にしてはいたものの、フットサルでキャリアを築いてきた甲斐修侍がなぜソサイチを?

 

そもそもソサイチとは何なのか?まずは簡単におさらいしておきたい。

 

ソサイチとは南米発祥の7人制サッカーのことで、ポルトガル語の(社会・社交的・共同体)が語源とされている。

フットサル3面分ほどのピッチサイズで行われることから、近年多くのフットサル場で大会などが行われ、アマチュアフットボールプレイヤーの間では人気を集めつつある競技だ。

 

国内では「日本ソサイチ連盟」が2002年頃から地道な普及を続けており、ここ数年はその普及活動が実を結び、2017年には全国各地(関東/関西/東海/北海道)でソサイチの地域リーグである「FOOTBALL 7 SOCIETY LEAGUE」が開幕。

9月のブラジル遠征に臨むソサイチ日本代表チームは、その「FOOTBALL 7 SOCIETY LEAGUE」に参戦する選手で組織されている。

 

ソサイチは南米を始めヨーロッパやアジアでも広く普及している競技だ。

戦術は国によってスタイルが異なるが、南米のソサイチはフットサルの要素を多く含んでいる。

そんな事情もあり、昨季でフットサルの現役選手を引退した「甲斐修侍」に日本ソサイチ連盟が熱烈なラブコールを送り、今回甲斐がテクニカルディレクターへ就任する運びとなったようだ。

 

一方、この日の対戦相手となったZOTTも、日本ソサイチ連盟側からのラブコールに応える形で、チームとして初のソサイチに挑戦することとなった。

 

トレーニングマッチはソサイチ日本代表にとってブラジル遠征前の貴重な実戦の機会。

 

遠征先では「バスコ・ダ・ガマ」、「フラメンゴ」など名門クラブとのマッチアップを予定しているだけに、関東フットサルリーグ1部の強豪との対戦は仮想ブラジルには最適とえる。

 

20分3本で行われたトレーニングマッチ。

 

ウォーミングアップで初めてソサイチボールに触れるZOTTの選手からは

「このボール重い!」「人工芝久しぶり!」

など、普段とは違う環境にやや戸惑う声もきこえた。

 

ソサイチでは通常5号球のローバウンドボールを使用する。

 

「フットサルボールを5号球にした感じ」と言えばイメージは伝わるだろうか。

空気圧も調整しており、少し重たく感じる選手も多くいたはずだ。

 

ソサイチ日本代表チームとしては、このトレーニングマッチが初の対外試合。

選手・スタッフ共に緊張と不安が入り混じる中、キックオフのホイッスルが鳴らされた。

 

試合序盤。

ボールの扱い方やスペースの使い方に苦戦する様子のZOTTに対し、普段ソサイチに慣れ親しんでいるソサイチ日本代表チームが早々に試合を動かす。

 

No.10中川の突破からNo.7花岡が合わせまず先制。

 

これで肩の力が抜けたのか、ソサイチ日本代表チームは軽快なパスワークを披露してZOTT陣内に幾度となく攻め込む。

 

対するZOTTも徐々にピッチとボールに順応し始め、フットサル的な戦術を駆使し、両サイドのスペースを使って好機を作り出す。

時間が経つにつれ、連携もスムーズになり徐々にシュートシーンが増えてくるが、あと一歩のところでソサイチ日本代表の両守護神、星野・成田にストップされてしまう。

 

2本目に入ると、さらに攻勢を強めたソサイチ日本代表が、No11疋田の2発を含む4得点を挙げリードを広げる。

 

3本目でも積極的に攻めるソサイチ日本代表が中川のゴールで先制するが、ZOTTの「何としても1点を」という気迫がソサイチ日本代表のミスを誘いオウンゴールで最後のゲームを1-1とした。

 

こういったトレーニングマッチでの合計スコアはあまり参考にはならないのかもしれないが、初の対外試合であることを踏まえると、ソサイチ日本代表にとっては大きな勝利になったに違いない。

 

ZOTT WASEDA FUTSAL CLUBからもブラジルでの健闘が讃えられ、トレーニングマッチは終了した。

 

 

普段はフットサルを専門に行っているZOTTであるが、今回なぜソサイチ日本代表とのトレーニングマッチを受けたのか、代表の清野氏に話を聞いた。

「単純に日本ソサイチ連盟さんの熱意に心を動かされました。

監督が甲斐さんであることも面白いし、同じフットボールを楽しむ仲間として、我々ZOTTを相手に指名してくれたことも嬉しく思いました。ブラジルでの健闘を祈ってます」

 

日本ソサイチ連盟代表理事・馬場貴嗣氏は、

「まだまだ発展途上のこのソサイチを、フットサルをはじめ、フットボールファミリー皆さんで盛り上げていきたい。

国内では長期のリーグ戦も行なっていますし、ワンデイ大会も後援しています。

ぜひ一度、ソサイチをプレーしてみてください。

そして最後にお願いがあります。

今回の遠征、恥ずかしながらまだまだ資金が不足しているのが現状です。

選手にも自己負担をお願いしながら遠征を行います。

現在“クラウドファンディング”にて資金提供をお願いしています。

ここで集まった資金を少しでも選手に還元できるようにと思っています。

ぜひ、ソサイチ発展のためにも、ブラジルで戦う選手たちのためにも、ご協力を宜しくお願い致します」

 

 

『ブラジルの超名門クラブと夢の対戦へ』

クラウドファンディングにご協力ください…!

https://readyfor.jp/projects/j-society

 

 

 

そして最後に、甲斐修侍に話を聞いた。

「このプロジェクトを初めて聞いたとき、光栄にも思いましたし、すごくワクワクしましたね。

今でこそ、フットサルは全国リーグである『Fリーグ』が組織されて、女子リーグも始まりました。

色々な方のご協力やご尽力があってフットサルはここまでの発展を遂げたと思います。

この先『ソサイチ』がどのように発展していくかは分かりませんが、フットサル黎明期と言われた当時とどこか似ている空気感を感じています。

『ソサイチ』の今後の展開に少しでもお役に立てればと思い、今回この話をお受けさせていただきました。

 

今日のトレーニングマッチは初の対外試合という事、相手がZOTTさんという事、色々と不安もありました。

正直選手たちがどこまでやれるかは未知数でしたが、良い意味で裏切ってくれたなと思っています。

このチームはなかなかまとまって活動が出来ないのが現状です。

それぞれ社会人、学生など異なったバックグラウンドを抱えています。

遠征まであと一か月。まずは個々のフィジカルコンディションを少しでも向上して、ブラジルへ臨みたいと思います。

今日は選手たちの良い部分が多く見られました。

そして最後にZOTTの清野さんをはじめ選手の皆さん、この忙しい時期にトレーニングマッチを受けてくださりありがとうございました。

この場を借りて御礼申し上げます」

 

 

今回のトレーニングマッチの取材を通じて、ソサイチに多くの魅力を感じた。

攻守の展開のスピードや、戦術面での多様性、フットサルやサッカーのトレーニングにも十分になり得るであろうこのソサイチの魅力は、一度プレーすればわかるだろう。

ソサイチ日本代表のブラジルでの飛躍に期待したい。

 

 

【試合結果】vs ZOTT WASEDA FUTSAL CLUB

1本目:2-0

得点者:花岡(5分)/花岡(12分)

 

2本目:4-0

得点者:疋田(3分)/疋田(6分)/宮本(8分)/青沼(14分)

 

3本目:1-1

得点者:中川(4分)/OG(14分)

 

 

 

ZOTT WASEDA FUTSAL CLUB

 

ソサイチ日本代表2017ブラジル遠征-特設サイト

 

◆FOOTBALL 7 SOCIETY LEAGUE

 

◆日本ソサイチ連盟公式twitter

 

◆日本ソサイチ連盟公式instagram

 

◆日本ソサイチ連盟

 - お知らせ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

最新号チラ見せ企画!加藤未央のサルモノ「Fリーグ10周年クイズ」

絶賛発売中のフットサルナビ2016年9月号! お買い求めはこちらから &nbsp …

adidasからNewシューズ『NEMEZIZ(ネメシス)』シリーズが登場!

  adidasから6月1日発売されたフットボールシューズ・『NEME …

フットサルナビ最新号チラ見せ企画!「加藤未央のサルモノ 清水和也 編」

現在、絶賛発売中のフットサルナビ2016年1月号。 本日は大人気の「特別付録DV …

「笑顔のパス」サイン本発売!

7月12日、小田原アリーナにおいて久光重貴自伝「笑顔のパス」サイン会が行われまし …

3/30 Fリーグ入退団情報一覧

2014/2015シーズンも終了し、続々と発表される入退団情報。そこで、今までに …

キタ&スガコンビが生放送に出演!

キタ&スガコンビがニコニコ生放送『サッカーキング ハーフ・タイム』に出演! 1/ …

LUZ e SOMBRAの人気イベント『2015天下一武道会・大阪ラウンド』が11月29日に開催!

ストリートテイストをフットボールテイストを独自に融合させエッジの効いたデザインで …

no image
AbemaTVで全日本選手権・決勝ラウンド全試合が完全無料生中継!

いよいよ今週末に迫った全日本選手権決勝ラウンド。 この決勝ラウンドの模様が、イン …

フットサルナビ2015年7月号
フットサルナビ電子書籍も発売中です!

フットサルナビ7月号、絶賛発売中です! フットサルナビ最新号の購入はコチラ   …

ナビ最新号は2016AWギアカタログ付き!

フットサルナビ2016年11月号、絶賛発売中です! お買い求めはこちらから! 現 …