広告

イギリスのブックメーカー特集【2024年最新版】

2024年4月12日

イギリスのブックメーカー

イギリスはブックメーカー発祥の地と言われており、日本語で利用できるブックメーカーもあります。

Sky Betなど日本からアクセスできないブックメーカーもありますが、bet365・ウィリアムヒル・betwayなど世界的に有名なブックメーカーは、日本語にも対応しています。

イギリスのブックメーカーの歴史

ブックメーカーは、古代ローマ時代に戦車レースや剣闘士の戦いへの賭けから始まり、特に18世紀のイギリスで馬のレースを中心に現代的な形態が形成されました。

20世紀には多くの国でギャンブルが合法化され、ブックメーカーの産業としての地位が確立されました。

特に1990年代後半からは、インターネットの普及により、オンラインブックメーカーが登場し、世界中のユーザーが様々なスポーツやイベントに簡単に賭けられるようになりました。

イギリスのブックメーカー文化は、サッカー、競馬、クリケットなど多様なスポーツだけでなく、政治やテレビ番組の結果に至るまで幅広い賭けを提供しています。

技術の進展により、オンラインプラットフォームが普及している一方で、多くの店舗も街中に残り、社会的な集会の場として機能しています。

広告やスポンサーシップを通じてスポーツイベントなどにも積極的に関与し、そのブランドの可視性を高めています。

さらに、ギャンブル委員会による厳格な規制下で運営され、公平性と透明性の保持、消費者保護を強化しています。

ギャンブル依存症への対策も充実しており、自己除外プログラムや賭け金の制限など、責任あるギャンブルが推進されています。

このように、ブックメーカー文化はイギリス社会に深く根ざし、国民の娯楽としてだけでなく、重要な経済活動の一環としても位置付けられています。

イギリスのおすすめブックメーカー

bet365

bet365

業界最大手の老舗ブックメーカーです。オッズが高く、種類も豊富で、ベット対象スポーツはトップクラスです。世界中のサッカーの試合や競馬レースを、ライブストリーミングで視聴できます。

ご利用ガイドはこちら

公式サイトはこちら

ウィリアムヒル

ウィリアムヒル

イギリスの最も古い歴史のあるブックメーカーのひとつです。ロンドン証券取引所に上場もしている大企業で、信頼姓と安全性の高さはトップクラスです。サイト動作が安定しており、公式ストアからアプリもダウンロード可能です。

ご利用ガイドはこちら

公式サイトはこちら

10BET

10BET

賭けリンからブランド変更したブックメーカーです。銀行振込・クレジットカード・仮想通貨・電子決済と多様な方法で入出金が可能で、ボーナスがとても豊富です。ボーナスコード「5XSPORT」

ご利用ガイドはこちら

公式サイトはこちら

betway

betway

betwayは2006に設立され、2022年にニューヨークNYSEに上場したブックメーカーです。三笘選手の所属するブライトンのスポンサーで、ブンデスリーガをはじめとした欧州サッカーのライブストリーミングが視聴できます。※2024年4月30日付で日本市場撤退

ご利用ガイドはこちら

公式サイトはこちら

  • この記事を書いた人
ブックメーカー日本おすすめ比較ガイド

ブックメーカー日本おすすめ比較ガイド

ブックメーカー日本おすすめ比較ガイドは、スポーツベッティングの世界を介して、スポーツをより楽しむことを目的とした情報サイトです。
ライセンスを保有し、合法に運営するブックメーカーのみを取り扱い、公平・誠実を心掛けた比較を行っています。記事はすべてブックメーカー・スポーツに精通したメンバーが執筆しています。

-おすすめブックメーカー